【地震予測】南半球でM6・7クラスの地震が連発で福島県沖でもM4.8~新月トリガーは要注意

2022/05/27

地震速報 地震予測 惑星集合

t f B! P L

 

 


この24時間で、環太平洋でM6クラス以上の地震が4連発と急に起き始めて、また福島県沖でもM4.8の地震が起きたが、今後いつごろ大きな地震・噴火が起こり得るかを考えてみたい。


■環太平洋4連発

まず、昨夜のペルー南部M7.2の地震は、昨日の記事で紹介したので省略する。


過去24時間以内(5/27 18時現在)に世界で発生したM6.0以上の地震は、以下の通り。


※時刻は日本時間


2022/05/26 21:02:ペルー南部、M7.2

2022/05/27 00:37:ロイヤルテイー諸島、M6.4

2022/05/27 03:10:太平洋南東部、M6.2

2022/05/27 11:36:東ティモール北東沖、M6.2


これだけ集中して起きるのは、もちろん異例のことだ。



■活発なエリア

冒頭のアイキャッチ画像は、過去1カ月間に起きたM5.0以上の地震の震源を示す。


※アイキャッチ画像は下記サイトより。


これだと直近の地震活動がわかりにくいので、米USGSの過去24時間(5/27 18:00現在)のM2.5以上の地震発生マップを以下に示す。



震源の傾向を見ると、すべて南半球上が震源となっていることがわかる。

比べて、日本周辺やフィリピン海プレート、オホーツクプレート上は、鎮まっている。


この揺れ方を見ると、昨夜のペルー南部から、震源が西の同緯度付近へと移動しつつあるようだ。


ただし、東ティモールあたりまで揺れたとなると、今後いきなりフィリピン海プレート(西日本)→オホーツクプレート(東日本)と連鎖するケースもあるので、注意が必要だ。


■福島県沖M4.8

…と、ここまで書いて食事で中断した間に、17:59に福島県沖でM4.8、最大震度3の地震が起きた。





環太平洋の揺れ具合からして、日本は少し間をおいてから揺れ始めるかなと思ったら、いきなり来た。


昨日の記事でも書いたように、ペルーあたりで大地震が起きた後は、やはり東日本あたりが要注意なのだ。


地震学者の多くは、それほど遠方の地震が日本付近に影響するとは考えないだろうが、私は「理屈」よりも「経験」を重視するスタンスなので。



■新月トリガー

特に、今後1週間くらいで待ち受けているのが、「新月トリガー」だ。

昨夜からのM6・7クラス連発は、5/30の新月の4日前だったので、この影響下で起きたといえるだろう。


もう何度も飽きるくらいに書いているように、現在は「惑星集合」が続いているため、通常の新月トリガーとは訳が違う。


下記の天体配置は、今日5/27 0:00JSTの、大地震の連鎖が始まった頃のもの。




ここで、120度と60度の組み合わせによる三角形が曲者かもしれない。


いままであまり考慮していなかったが、惑星集合の頃に大地震が起きる際には、けっこう見られるかもしれない。


5/30の新月の時の天体配置も、以下のように惑星集合が続き要注意だ。



なお、6月の大地震に注意が必要な天体配置などは、後日このブログや「別メディア」で取り上げるので。







ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ