【火山】フィリピン・ブルサン山噴火~東日本大震災や国内の巨大地震の前にも噴火していた

2022/06/06

火山噴火 巨大地震 地震 地震予測 地震予知 東日本大震災

t f B! P L

 

 


昨日6/5にフィリピン北部のブルサン山が噴火したが、過去には東日本大震災や小笠原諸島のM7~M8クラスの地震の1ヶ月以内くらいにも噴火していて、今後は注意が必要だ。


■ブルサン山噴火

昨日2022/06/05、フィリピン北部ルソン島南部のブルサン山(Bulusan)が噴火した。

噴煙は上空1kmに達し、周囲の村で降灰が確認された。




私がnoteで発行している『地震前兆マガジン』に収めて常時更新している『【研究】大地震・火山噴火はスーパームーン・日食・月食の時に最も起きやすい』と題した有料ノート記事がある。




ここでは、満月・新月・スーパームーン・日食・月食や固有の天体配置のもとで起きた地震・噴火のタイミングを洗いざらい調べてデータベース的に網羅している。


■6月に多い

このノートに収めたブルサン山の噴火を見ると、過去10回ある。

噴火時期を月別に見ると、6月が4回もあった。


日本とフィリピンの気候は異なるので、6月といっても同列には語れない。

フィリピンは1年を通して気温・湿度の高い熱帯モンスーン型気候だ。


年平均気温は26~27℃で、 雨期(6~10月)と涼しい乾期(11~2月)、暑い乾期(3月〜5月)の3つの季節がある。


雨季の最初の頃に噴火が多いというのは、どういう理由かわからない。

日本では梅雨が終わった夏季に火山噴火が増える傾向がある。

これらをどう説明すべきかは、課題としたい。



■ブルサン山→日本の巨大地震?

上記の有料ノートから、ブルサン山噴火の後で国内で大きな地震が続いた例を抽出する。


凡例:【新】新月、【満】満月、【S】スーパームーン


【-1】2010/11/05:フィリピン・ブルサン山噴火

【新】2010/11/06 13:52:

【-6】2010/11/30:小笠原諸島西方沖、M7.1、最大震度3。

【新】2010/12/06 02:36

---

【S】2011/02/18:満月

【+3】2011/02/21:フィリピン・ブルサン山噴火、噴煙2千m以上。

【新】2011/03/05:新月

【+4】2011/03/09:三陸沖、M7.3、最大震度5弱、津波60cm。

【+6】2011/03/11 14:46:東北地方太平洋沖地震、M9.0、震度7、犠牲者・行方不明者約2万2000人

---

【-4】2015/05/01 22:46:フィリピン・ブルサン山噴火。

【満】2015/05/04

【-4】2015/05/30:小笠原諸島西方沖、M8.1、最大震度5強。

【満】2015/06/03 01:19

---

【新】2022/05/30 20:30

【+5】2022/06/05 07:25:トンガ北方沖、M6.3

【+5】2022/06/05 07:35:オーストラリア南方沖、M6.4

【+3】2022/06/05 11:37:フィリピン・ブルサン山噴火。

【+6】2022/06/05 17:38:ラット諸島、M6.3

→?


ここで問題は、ブルサン山の噴火から1ヶ月以内くらいに日本で巨大地震が続いたことが、果たして「たまたま」かどうかだ。


もし、たまたまでないとすれば、7月上旬ころまでは注意が必要ということになる。



※日頃愛用している、界面活性剤なしの自然派御用達の石けん歯みがき。

今回初めて「ソルティー」を買ってみた。








ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ