【地震前兆】1年前の苫小牧沖M6.2の前にもシロバナネムノキ開花あり~2日前からの開花は鳥島近海M5.4などの前兆だった

2024/06/11

シロバナネムノキ ヒネム 開花前兆 植物地震前兆 地震前兆

t f B! P L

 


百瀬のAmazon Kindle著書


1年前の苫小牧沖M6.2の地震の前にもシロバナネムノキが開花していた。
また2日前からの「開花前兆」らしき植物の開花は、中々結果が出ないと思ったら今朝鳥島近海でM5.4・最大震度1の深発地震があり、この地震の前兆だったようだ。

■頭痛体感

まず、昨日からの頭痛体感は、今朝やっと抜けて昼からPCの前に向かうことができるようになった。
これによる地震予測は以下の通り。

【頭痛体感】2024/06/10:起床時から軽い偏頭痛があり昼に頭痛薬を飲むが収まらず。同時に異様な眠気があり横になり少し寝落ちした。横になり夜にも頭痛薬を飲む。
「頭痛ーる」では3時~9時が「注意」で以降は通常で影響は微妙で、主に地震前兆か、加えて太陽Mフレア+CMEの影響ありか。
【地震予測】★★★★→2024/06/13~14。


【頭痛体感】2024/06/11:前日の頭痛が深夜も収まらず起床時も続く。
「頭痛ーる」では9時~15時が「やや注意」。
【地震予測】★★→2024/06/14~15。


【全体予測】★★★★→2024/06/13~06/15。

もう新月トリガー期間は過ぎるが、低気圧接近要因は弱いようで、今週後半に関東圏でそれなりの地震が起きるだろう。

■1年前の開花前兆

今日AmazonPhotosで1年前の写真を見ると、「浦河沖でM6.2最大震度5弱」と題したブログのアイキャッチ画像があった。
「直前にシロバナネムノキ開花」ともある。



1年前のシロバナネムノキの記録を貼りつけておく。

・2023/06/10 16:50:1輪開花
・2023/06/11 18:00:4輪開花 降雨中 
 →2023/06/11 18:55:苫小牧沖、M6.2、最大震度5弱、深さ136km、784km

当初の震源は浦河沖だったが、その後に震度データベースに入れられる際に変更になったようだ。
開花を発見した直後に地震が起きたが、前日の方も含めて前兆現象だったのかもしれない。

疑問として残るのは、これまでは考えていなかったが、たとえ800km弱の距離があってもM6クラスの地震ならば植物地震前兆となるのかということ。
これについては今後の課題としたい。

■開花前兆?

以下に、2日前の06/09以降のうちの植物の開花状況を示す。

◎キンレンカ(ナスタチウム)
・2024/06/10朝:2輪開花(11)

◎ナデシコ 2号 
・2024/06/09朝:1輪開花(全2)

◎セキチク(ナデシコ3号)
・2024/06/11朝:2輪開花(全6)


◎マリーゴールド
・2024/06/09朝:左0輪、中1輪、右0輪開花

◎カンパニュラ・パール
・2024/06/09朝:1輪開花

◎ニチニチソウ(バーベナ鉢のこぼれ種)
・2024/06/09朝:1輪開花。

◎ペチュニア(大輪)
・2024/06/09朝:中央ピンク1輪、紫3輪開花(4・6・7=17)
・2024/06/10 18:00:中央ピンク1輪、紫1輪開花(4・7・8=19)
・2024/06/11 09:::左2輪開花(6・7・8=21)


◎シロバナネムノキ(2号)
・2024/06/09 16:00:1輪開花
・2024/06/10 18:00:1輪開花


◎ヒネム
・2024/06/09 16:00:3号2輪開花
・2024/06/10 18:00:2号1輪、3号4輪開花


これらの開花に対して、対応する地震が中々起きず、「揺れ揺れ詐欺」になりかけていた。
だが、昨日の記事でも書いたと思うが、こういう時には得てして大きめの地震の前兆であったりする。

現時点では、そこまで確信を持てずに観察していて、内心は「揺れ揺れ」になるかもと思っていた。

これらの開花に対応すると思われる地震が、今朝起きた。
※行末は小平市からの距離。

・2024/06/11 06:12:能登半島沖、M3.4、最大震度1、深さ10km、280km
・2024/06/11 07:10:鳥島近海、M5.4、最大震度1、深さ200km、693km
・2024/06/11 09:58:山形県庄内地方、M4.1、最大震度2、深さ20km、364km

基本的に、この分野の先駆者である鳥山英雄東京女子大学名誉教授(植物生理学)の研究によると、ネムノキなどの植物は周辺で地震が発生する2日ほど前から生体電位などの前兆を示すという。

だが、鳥島近海にしても距離が遠く、前述の苫小牧沖にしても、たとえ規模が大きくても、これだけの遠距離で果たして地中で前兆現象(地電流の変化等)が起きるかどうかという疑問は残る。

新たに観察対象に加えた花も含めて、今後も観察を続けたい。

■鳥山英雄氏

故・鳥山英雄氏は、Wikipediaを見るとご健在とされているが、下記のニュース記事の通り、実際は2021/07/06に逝去されている。
この記事を見ると、キリスト教徒だったようだ。


鳥山氏の著書『ネムの木は地震を予知する』は、私にとっての「バイブル」の一つだ。
だが、Amazonでは古書が既に3千円以上になっていて、お気軽に手が出ない価格となっている。

【Amazon】『ネムの木は地震を予知する』


こちらの方は、まだ古書の最安値が手が出る価格かもしれないが、専門書なので一般向けには難解だろう。

【Amazon】『樹木・大地・地震: 植物生理学と地球物理学の学際序説』




※うちで購入したものは既にAmazonで販売されていないが、これが近いようだ。
【Amazon】『iFala 自転車 ヘルメット 大人 ハット型 レディース』





ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

関連サイト

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ