【地震予測】年内に大規模な地震が起きる可能性~12/10は太陽CMEや体感などで関東・東北は要注意

2020/12/09

異常震域 太陽活動

t f B! P L

 


 


今日TOCANAに掲載された私が執筆した記事は、「異常震域」の地震が起きた後で大きな地震が起きることが多いという私の発見を紹介したもの。

これにより、いつ頃までどのへんで大規模な地震に注意かを解説する。


■異常震域

今日TOCANAに掲載された記事は、異常震域がテーマ。
異常震域とは何かについても、この記事中で解説している。

まず、下記のTOCANAの記事を読んでみてください。

『【警告】2カ月以内に茨城県日立市や宮城県岩沼市を巨大地震が襲う!? 独自分析で「異常震域の法則」発見、恐ろしいパターンが進行中!』



■noteでより多くの事例を紹介

今日のTOCANAの記事で、自分のnoteマガジンの紹介を何気にしていて、カットされると思っていたら、されなかった(ラッキー)。

この記事では、「パターンA」と「パターンB」の例をいくつか紹介した。

もっと多くの「異常震域→大地震」の連鎖例は、私のnoteマガジン『【週刊】大地震・災害前兆ウォッチ』の2020/11/24発行の号で紹介している。

有料の定期購読マガジンだが、記事単体でも購入できる。


■今年の異常震域地震

今年発生した異常震域の地震は、下記のように4回ほどある。

(1)2020/07/07 03:19:鳥島近海、M5.8、483km、震度2
 最遠の異常震域:宇都宮市
(2)2020/08/07 00:34:三重県南東沖、M5.3、389km、震度2
 最遠の異常震域:釜石市
(3)2020/11/18 10:00:東海道南方沖
 最遠の異常震域:日立市
(4)2020/12/01 07:54:サハリン西方沖、M6.7、619km、震度3
 最遠の異常震域:加須市

このうち、宇都宮市は異常震域の地震で非常に頻繁に登場するところだ。
つまり、それだけ地盤が弱いなどの要因があるのかもしれない。

■今年の異常震域→大地震の例

このTOCANAの記事の原稿を送付した後で考えたのは、異常震域地震→大地震の連鎖をより説得力をもたせるには、2ヵ月以内よりも1ヵ月以内くらいに期間を絞った方が良いのではないか、と。

それで、今年の地震で、異常震域の後で大体1ヵ月以内くらいに大地震が起きた例を以下に示す。


(2)2020/08/07 00:34:三重県南東沖、M5.3、389km、震度2
 最遠の異常震域:釜石市
 →2020/09/12 11:44:宮城県沖、M6.2、震度4


上記は1ヵ月後から多少過ぎているが、参考までに示す。

(3)2020/11/18 10:00:東海道南方沖
 最遠の異常震域:日立市
(4)2020/12/01 07:54:サハリン西方沖、M6.7、619km、震度3
 最遠の異常震域:加須市
 →年内に関東付近でM6.0以上?
  あるいは西日本の南方沖あたり



ちなみに、TOCANAの記事では、岩手県沖あたりで地震を予測しているが、上記のようにサハリン西方沖までも考慮していなかったので、該当する地震は起きないだろう。

■今日発見した2連続パターン

上記の(3)と(4)では、12/1のサハリン西方沖M6.4も、深さ619kmの深発地震だった。
しかも、埼玉県加須市でポツンと震度1で揺れた異常震域だった。

つまり、異常震域の地震が2回連続で起きたことになる。
こういうケースもあるのだと、今日はじめて気づいた。

このような法則性が本当にあるのかどうかは、今後よりデータを集めて検討することにしたい。

■西マサヤさん:明日関東は注意

昨日12/8のブログ記事で紹介したように、太陽でC7.4のフレアが発生し、ハロー型CME(コロナガス放出)も起きた。

そのため、西マサヤさんはブログで12/10に「M8±0.7」の地震を予測している。

今日、西マサヤさんとやり取りして教えてもらったが、12/1のサハリン西方沖の深発地震の上層に青森県沖がある。
三陸沖は、その境目になるという。

そのため、次は小笠原諸島方面と東北が揺れやすい番だと思うという。

■今日の前兆現象
まず、私の体感から。
12/7の頭痛体感からも、私は12/10~11と予測していた。

更に、今日12/9に耳圧+耳鳴りがあった。


 
このため、何重の意味でも、明日あたり関東圏で地震が起きる要因が集まったことになる。

■note:三笠宮殿下と原始基督教徒渡来説

以上の内容には関係ないが、興味がある方がいるかもしれないので。
今日noteで、下記の無料の記事を公開した。

『【論考】江上波夫氏と三笠宮崇仁殿下~古代イスラエルと渡来した原始基督教徒?』


いわゆる安直な日ユ同祖論は眼中にないが、古代オリエント市を専攻する歴史学者だった宮様が関心をもたれるように、これは全く次元が異なる話だ。

自分にとっては非常に本質的な内容だが、タイトルだけで興味をもった方は読んでみてください。


※ほぼ全人類に読んでほしい本。
真実は常に隠されている…とだけ書いておく。


※今日NHKテレビで紹介されていた、災害時に女性が下着を洗濯できるセット。
3.11で被災された女性で、こういうことで非常に困った人がいるという。








ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ