【note】【地震前兆百科】陸上の動物:げっ歯類・ネズミ~家の「守り神」

2020/12/05

t f B! P L

 



ネズミ(鼠)は、哺乳類ネズミ目の総称で、その種類は1,000を超える。
有史以前から、人間が収穫した穀物を盗む害獣とされてきた。


■はじめに

ネズミ(鼠)は、哺乳類ネズミ目の総称で、その種類は1,000を超える。
有史以前から、人間が収穫した穀物を盗む害獣とされてきた。

人間と共存しているネズミについては、地震前兆のエピソードが非常に多い。
古代ギリシャの地方都市ヘリケがBC373年に大地震で海中に没した5日前に、ネズミが群れをなして、都市間街道を別の市へと向かって移動した。

人間の身近にいる動物であり、病原菌をまき散らしたりと嫌悪されることが多い。
だが、小動物の常として、大地震の前に異常行動を示すことが多い。
屋根裏などの人間の身近にいて地震前兆の異常行動を示してくれるため、大地震が起きた際に「ネズミに命を助けられた」ということになるかもしれない。

そのため、この記事は特に家でネズミを(意図的でなく実質的に)飼っている方々にとって有用な情報を含んでいるだろう。

noteで続きをみる

from 地震前兆百科~サバイバルのための必須知識 https://note.com/momosen/n/n883b9bec6989




ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ