【3.11から10年】東日本大震災の被災地で「幽霊目撃談」が多い本当の理由~そこには「癒しのプロセス」があった

2021/03/11

津波 東日本大震災 霊性

t f B! P L

 


 


今日TOCANAに掲載された、もう1本の私が執筆した記事があるが、これは6年前の今日掲載された記事の再掲だ。
ここでは、なぜ3.11の被災地で「幽霊目撃談」が多いのかについて書いていた。


■10年前の津波体験

あらかじめ書いておくと、「幽霊目撃談」といっても、決して興味本位のヨタ記事ではない。

そんな内容ならば、どんなに編集部から強い依頼があっても、絶対OKしない。
だいたい向こうも私がそういう方面では頑固なのを知っているから、そんな執筆依頼は来ないが。

東日本大震災の後で出現した「幽霊」といった題材は、非常にデリケートで且つ誤解されやすい内容だ。
それでも尚且つ、私がこのネタ出しをしたのは、やはりそこに人間存在にとって普遍的かつ本質的なものを感じたからだ。

■TOCANAの記事

この記事は再掲であることもあって、補足はしない。

肉親など身の回りの人を亡くした人たちが、そのような幽霊談から、どのようにして「癒しのプロセス」を得たのか。
そのへんを意識して読まれると、何かしら得るところがあるかもしれません。






ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ