【前兆】関東で予測した地震が中々起きない…と思ったら…M5クラスが起きていた~頭痛体感とハムスター運動量

2021/09/12

ハムスター地震予知 ラドン濃度 体感 地震前兆

t f B! P L

 

 


最近の頭痛体感とハムスター運動量などから、一昨日くらいから関東圏で強めの地震を予測していたが、一向に起きない…と思っていたら、実際はM5クラスが起きていた。

■関東で地震は起きていた

昨日の記事で、私のnoteマガジンの「有感地震が少ない」件を紹介した。

頭痛体感では一昨日から、ハムスター運動量では昨日が過去最多の回数だった。

だが、なぜ関東圏で地震が起きないのか?


過去の地震前兆現象の研究と地震予測の経験から、これはかなり普通ではないと思っていた。


だが、それは今日「リセット」された。

この地震が起きたからだ。


2021/09/12 14:32 JST:伊豆小笠原諸島、M5.1


震源は小笠原諸島の最南端・鳥島の西方約140km。

無感地震だったので、すぐには気づかなかった。

問題は、ここ小平市か658kmほどと、かなり距離があること。


たとえると、小平市から青森県の下北半島の最北端あたりまでに等しい距離だ。

だが、M5.1の規模ならばあり得るかもしれない。

判断が微妙なところだ。


■黒潮大蛇行

上記マップでは、黒潮大蛇行の最新の流路(9/10現在)を赤線で示している。

これを見ると、今日のM5.1の地震は、ちょうど大蛇行から外れた位置だった。


自説では、黒潮大蛇行が発生中は、蛇行の内側では大きめの地震が抑制される。

その通りとなったが、M5クラス程度では、その限りではないのかもしれない。


■地震予測の検証

最近の頭痛体感による地震予測は、以下の通り。


9/07→9/10~11

9/08→9/11~12


結果的に9/10~12の3日間が予測期間だった。

その間に、関東圏でどのくらい地震は起きていただろうか。

上記の無感地震以外は、まったく起きていなかった。


これだけ離れた距離でM5.1の規模で、これだけ強い頭痛となるのだろうか。

そういう疑問が残るが、まだこれから地震が起きる可能性は、最新のイオノグラムを見ると、あるかもしれない。


■豊後水道M4.1最大震度3

今日は国内で何度か有感地震があったが、最大は11:17の豊後水道M4.1、最大震度3だった。


リシルさんが8/22の「四国 震度4」と題した記事で予測していたが、豊後水道の地震は四国に近いので、この地震に対応したものだったのか。




■今日の前兆現象

シロの運動量は以下の通り。




これも、昨日の昨日の11388から今朝9249と同じ位で、それが小笠原諸島M5.1の前兆だったのだろうか。

これも判断が難しいところだ。


ばけたんは、少なかった。


18時台:赤1回、青0回


ラドン濃度が昨日の14から朝9時に10まで下降したが、これが14:32の小笠原諸島M5.1の前兆だったとすれば、その後に上昇を始めるだろうが、21時時点ではまだ10のままだ。


もともとこの地震の前兆ではなかったが、または今後また関東圏で地震があるのかもしれない。


21時時点で耳鳴りも強めなのも考えると、やはり今夜か明日早めに関東圏で対応する地震がありそうだ。



※話題のたつき諒著『私が見た未来 完全版』

Amazonで予約済みで、10/2の発売日に合わせて配達されるはず。












ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ