【地震前兆】太陽Mフレアと久々の強いプロトン現象発生~環太平洋M6クラス連発で日本付近も注意か

2023/07/19

太陽フレア 地震前兆

t f B! P L

 


百瀬のAmazon Kindle著書

 


昨日から太陽でMフレアとプロトン現象が発生し、また茨城県柿岡では小磁気嵐が発生して、環太平洋ではM6クラス以上の地震が続いているために、今後は日本周辺でも大きな地震が続く恐れがある。


■太陽Mフレア+プロトン現象

まず、今日発生しているMクラスの太陽フレアは以下の通り。

※時間は+9hで日本時間



また、昨日は宇宙天気予報センターでプロトン現象の発生が通知された。

以下は、2023/07/18 11:50JSTの宇宙天気予報センターからの情報。


GOES衛星の観測によると、静止軌道の10 MeV以上のプロトン粒子フラックスは、7月18日1時15分UTに10 PFUを超えてプロトン現象が発生し、その後も上昇を続け、18日2時0分UTに100 PFUを超えました。



こういうデータを見慣れている方ほど驚くと思うが、ここまで高い値になるのは久しぶりだ。


■過去のプロトン現象

プロトン現象とは、太陽からの高エネルギープロトン強度が突発的に増大する現象のこと。

過去に何度も書いているので詳細は省くが、東日本大震災の前にも発生していた。


以下に、昨年以降のプロトン現象と、その後に起きた地震の例をいくつか紹介する。


◎2022/01

・2022/01/21 02:10

GOES衛星の観測によると、1月20日8時0分UTに発生したプロトン現象は、20日15時55分UT頃に終了しました。

この現象に伴い、静止軌道の10MeV以上のプロトン粒子フラックスは20日10時15分UTに最大22PFUに達しました。


2022/01/22 01:08:日向灘、M6.6、最大震度5強

2022/01/22 14:17:アラスカ、M6.2

2022/01/29 11:46:ケルマデック諸島、M6.5


◎2022/04

・2022/04/02

GOES衛星の観測によると、4月2日14時40分UTに発生したプロトン現象は、3日0時10分UTに終了しました。


この現象に伴い、静止軌道の10MeV以上のプロトン粒子フラックスは2日16時UTに最大32PFUに達しました。


2022/04/04 19:29:福島県沖、M5.4、最大震度4

2022/04/05 01:06:バヌアツ諸島、M6.0


◎2022/03

・2022/03/28

GOES衛星の観測によると、3月28日13時25分UTに発生したプロトン現象は、28日21時20分UTに終了しました。

この現象に伴い、静止軌道の10MeV以上のプロトン粒子フラックスは28日14時50分UTに最大18PFUに達しました。


2022/03/30 02:36:沖縄本島北西沖、M5.5、最大震度3

2022/03/31 14:44:ロイヤルティ諸島、M7.0


今回のプロトン現象は、最大100 PFUを超えたということで規模が大きく、特に注意が必要だ。


■環太平洋でM6クラス以上

07/16のアリューシャン列島M7.2の地震以降、環太平洋の東側でM6クラス以上の地震が続いている。



一般的に中米あたりで大きな地震があると、日本から台湾・フィリピンあたりも地震が続くことがある。

さらに台風4号がそのあたりを通過中で、その影響もあるかもしれない。

3日ほど前には、台湾で「地震魚」(リュウグウノツカイ)も見つかっている。


昨日の月食トリガーで今週は地震に注意が必要で、更に7月後半は要注意期間が多いので、日本も含めて警戒が必要だ。



※Amazonでミスト扇風機を買って失敗して、今度は最先端の冷却機能付きハンディファンを注文してみた。明日届く予定。







ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

関連サイト

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ