【予知夢】茨城県南部でM4.4の地震+秋田県の明菜さんから9月に何かある~九州で地震?粥占の解釈は?

2020/08/30

災害 予知夢

t f B! P L

 



今日は茨城県南部でM4.4最大震度3の地震が起きたが、これは3日前の頭痛体感に対応するもので想定内で、また今日は茨城県内陸で4回も地震があり、これらの前兆だったようだ。
また秋田県の明菜さんが9月に地震など何か大きなことが起きそうだと連絡が入ったので、紹介する。


■茨城県南部M4.4

まず、今日の地震のことを。

発生時刻:2020年08月30日 14時37分頃
震源地:茨城県南部
最大震度:震度3
緯度:北緯 36.2度
経度:東経 139.8度
震源:マグニチュード M4.4
深さ:約60km



ここ小平市は、体感的に震度2くらいだろうと思ったら、その通りだった。
PCの前に座って仕事をしていて、震度1程度ならばそのまま座り続けるが、震度2以上だと一応立ち上がって様子を見る。

今日は茨城県北部・南部の内陸で、M2~M4クラスの地震が4回も地震が起きた。
関東で数日有感地震が途切れると、こういうこともある。



だからといって、必ず大きな地震が起きるわけではないので、あまり騒ぎ立てないことも見識というものだ。

■想定内の地震

一応後述する頭痛体感から、8/29~31に関東圏で強めの地震があると予測していたので、規模なども含めて想定内の地震だった。

その体感については、8/27の記事で書いていた。



頭痛があった後で地震が起きることに気づいてから、Excelで記録をつけて解析すると、大体3~4日後に関東圏で地震が起きることが多いことがわかった。

今日の場合、前述のように茨城で4回も揺れたので、強めの頭痛となったのかもしれない。


■「3~4日ルール」

「3~4日ルール」まで行きついたのは、少なくとも5年前の2015年春だったようで、あるいはもっと以前だったかもしれない。

もっとも、この遅延には個人差があり、「体感」する人の多くは、地震の1~3日前に頭痛があるようだ。

日本では、いわゆる「気象病」でさえ正式に疾病として認められていない。
そのため、もちろん保険も降りない。

電磁波過敏症と同様に、いつかは認められるだろうとは思うが、私のように地震前兆で「体感」があることなど、そのまたずっと先のことだろう。

私は世の中で秘密にされていることほど探求したくなってくるという悪い癖(?)があって、色んなことで「ソノサキ」へ行き過ぎているために、中々人々の理解を得られない。

だからといって寂しいというような感情はとっくの昔に捨て去っていて、そんなことで思い悩んでいる暇はない。

■「体感」があると有利なこと

このような、地震の前の「体感」がある人には、メリットとデメリットがある。

デメリットは、いうまでもなく、そういうことを人に言うと「バカにされるかもしれない」ということだ。

しかし、かなりはっきり言えることだが、そういう風にバカにする人がいるとしたら、それは単に知識がないだけなのだろう。

もっと言えば、科学者の中でもバカにする人は多いから、一般人が同様の態度をとっても無理はないかもしれない。

メリットといえば、自分だけでなく家族や周囲の人々に伝えて、もしかすると被害地震になるかもしれない地震を事前に知ることができる点だろう。
ただし、伝えた人々がそれを信じるならばの話だが。

■明菜さんからメール

昨日、秋田県の明菜さん(仮名)から久々にメールが届いた。


2020/08/29 22:28受信

お久しぶりです。
お元気ですか?
私は地味に頑張ってます。

マリアさんとシンクロする事が増えてびっくりしてます。

私のブログにも書いて注意出してますが…9月気になります。

竜巻、台風、地震、噴火…何か大変な事が起こりそうです…。
昨日は埼玉で竜巻発生しましたが、私はブログ再開した時から竜巻の夢が酷く1番最初の投稿でも書いてました…。
そしたら昨日竜巻が…。

だからどうしても9月気になります。
この頃は夢で見た事が現実になってます…。
心配になりメールしました。
先程もマリアさんとLINEして百瀬さんにも知らせて下さいって言われたのでお忙しいと思いますがメールしました。
関東周辺凄く気になります。
この頃は東日本大震災の嫌な場面が何回も夢で繰り返し見ます…。
私は地震や津波に気をつけて!って意味かな?って感じます。
今は竜巻、台風、地震、噴火凄く心配です。


今日発行のnoteのマガジンでも、明菜さんの懸念事項に類似したことをテーマとしていた。
そのため、別観点からではあるが、やはり「9月」は自分的にも要注意なのだ。



以上のことは、マリアさんとのコラボマガジンではなく、私が単独で発行している方のnoteマガジン『【週刊】大地震・災害前兆ウォッチ~南海トラフ・首都直下地震等』の方で書いている。

ただし、明菜さんの方は「竜巻、台風、地震、噴火」何が起きるかわからないようだが、私の方は「地震・噴火」に限っての予測になる。


■大地震があるとすれば


最後に、これから書くことはあくまでも可能性としてのことだ。

今年の粥占の結果では、「大きな地震に注意」という警告が出た神社は、ほとんどなかったと思う。

1社だけ、九州であった。
佐賀県三養基郡の千栗(ちりく)八幡宮の、3/15の「御粥試」だ。

ここで、大風、大水、地震の結果は、中間の「見ゆ」(見える)だった。

ただし、上記の「大風、大水、地震」のうち、「大水」は、今年すでに起きていた。

令和2年7月豪雨では、主に東北・中部・九州地方で被害が出たが、千栗八幡宮がある佐賀県に近い熊本県の球磨川で最も甚大な被害が生じた。

そのため、この粥占の結果は「これで終わり」とも取れなくもない。

ピンポイントでいうと、この豪雨で佐賀県では3人の軽症者が出た。

そこまで調べている余裕はないが、この神社の粥占で、どのような尋ね方をしたかを知りたくなる。
ニュース記事によると、どうも「大風、大水、地震」としてまとめてお伺いを立てたようだ。

ちなみに、この千栗八幡宮は、2016年には熊本地震を予言していた。
地元にこのような霊験あらたかな神様が祀られているのは有り難いと思うべきだろう。

■YouTube

【大洗・弟橘比売神社】2010/01/24に聖地巡礼した際の映像。オトタチバナヒメさまとご縁ができて、「女神さまが何らかの理由で悲しまれている」そこまでは行きついた。
だが、それが大洗を襲った大地震と津波のことだとわかったのは、事後だった。
無念の想いだった。




【動画】





ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ