【地震】千葉県南東沖でM4.5、最大震度2の地震~頭痛体感・耳鳴り・ハムスター運動量で地震予測は十分できる

2020/09/20

体感

t f B! P L

 


 


今日2020/09/20 19:48頃に千葉県南東沖を震源とするM4.5、最大震度2の地震が発生したが、数日前からの頭痛体感、ポー音の耳鳴り、ハムスター運動量で想定内の地震だった。

これで終わりか、または後続があるかも含めて検討する。


■千葉県南東沖M4.5

地震の詳細は以下の通り。

発生時刻:2020年09月20日 19時48分頃
震源地:千葉県南東沖
最大震度:震度2
緯度:北緯 35.0度
経度:東経 140.2度
震源:マグニチュード M4.5
深さ:約80km

■緊急地震速報

ここ小平市花小金井では、スマホの緊急地震速報で「震度1」と出て、1秒くらいで「震度2」に変わった。
その直後に、たしかに震度2くらいの揺れた起きた。

このように、ほんの直前でも、緊急地震速報が鳴ってくれれば、まったく突然に揺れるよりは精神衛生上良いだろう。

たとえば、火を使って台所仕事をしていれば、1~2秒でも咄嗟に火を止められるかもしれない。

■頭痛と耳鳴りの体感

私は毎日のようにブログやInstagramなどSNDで発信しているが、今回のような千葉県沖あたりは「守備範囲」というか、強めの地震や近場の地震ならば、想定内と言えるものが多い。

実際は地震前兆を「体感」する人は圧倒的に女性が多いが、情緒的というか、体験したことを論理的・客観的に処理する方法には長けていないことが多い。

その点、私は25年間ほどのSEの経験があり、論理的思考がデフォルトなので、このようなデータ処理は慣れている。

長年体験していれば、たとえば私のように「3~4日ルール」みたいな法則性がイヤでもわかってくるだろう。

ただし、このような地震前兆現象は、震源からの距離と規模によって、強さなどは相対的に変化する。

■頭痛体感

9/17~18の2日連続で強い頭痛体感があり、2日目は頭痛薬を飲んでも収まらず、夜中に頭が痛いままに何とか寝た。

【instagram】


■ポー音の耳鳴り
また、9/19夜には、風呂に入ろうとしていて、右耳で「ポー」という正弦波様の耳鳴りが数十秒間あった。


このような音は自分的に不気味で、その後に何かしら強めのまたは印象的な地震が起きる。
通常の耳鳴りよりも確実性が高い。


■ちび子の運動量

9/14に、ちび子の運動量が久々に4141回という多さだった。
その後に、1日おきまたは連日で1000回を超える日が続いた。

このうち、9/19朝は4701回で、これは10か月ぶりの多さだった。


【instagram】

以上のような前兆セットなので、関東圏で地震発生はカウントダウン段階だった。


■まだ揺れるかどうか?

このくらいの地震が起きると「これで終わりか」となりがちだが、そうではなくまだ地震が起きるかどうかは、いつも迷うところだ。

一応9/19~21と予測していたが、M4.5で距離差120kmくらいで、もしかするとまだ同程度の規模の地震があるかもしれない。

※ 今もっているような小さなバッテリー内蔵のものより、これくらい大きいものを買うべきだったか。










ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ