【note】春にラニーニャ現象終息で大地震・噴火に注意~地震と海面水温の相関がわかった

2021/01/26

【週刊】大地震・災害前兆ウォッチ~南海トラフ・首都直下地震等 note 地震予知

t f B! P L

 




【最新note記事】
今回は、現在発生しているラニーニャ現象が春頃に消滅する可能性が高いとのニュースを受けて、これから消滅にかけての時期に日本や世界で大きな地震が起きる可能性を探ってみたい。


■はじめに

ラニーニャ現象とは、2021/01/06のこのマガジンの記事で紹介したので、詳細は省く。
太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて、海面水温が平年より低くなる現象をラニーニャという。

下記マップのように、赤い部分が海面水温が高く、青い部分が低い。

逆に、同じ海域で海面水温が平年よりも高くなる時期は、エルニーニョ現象と呼ぶ。


これまでも、エルニーニョ現象、ラニーニャ現象と環太平洋上の巨大地震の発生の関連性を研究してきた。

そして今日、自分的にはかなり重要な発見をした。
これまで漠然と考えていたことが、基本的に誤りではなさそうだということ。

そのことを、私がnote発行している有料の定期購読マガジン『【週刊】大地震・災害前兆ウォッチ~南海トラフ・首都直下地震等』の今日公開の今週号で解説している。

noteで続きをみる

from 【週刊】大地震・災害前兆ウォッチ~南海トラフ・首都直下地震等 https://note.com/momosen/n/n6506c9058a8a





ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ