【地震前兆】潮位が変化する「副振動」と地震の関係は?+秋田県沖など日本海の地震

2021/05/25

地震前兆

t f B! P L

 


 


数日前に岩手県久慈港で、海面変動の一種である「副振動」が起きたが、これが地震前兆か、あるいは地震の発生と関係があるかどうかを過去データをもとに検討してみた。

■副振動と地震

秋田県の明菜さんが5/25 07:44の「心配だなぁ…」と題した記事で、岩手県久慈港で「副振動」が観測されたと書いていた。


実は自分も、この日の副振動を書こうと思っていて、書くことがたくさんあって後回しになって、今日になってしまった。

地震との関係について確かだと思っているわけではないが、可能性として調べているということだ。

まず、「副振動」とは何かについて。
これは、潮位の変化の一種だが、潮汐・高潮・津波などによって発生するものを除いたもの。

湾や海峡で、ごく一般的に見られる、数分から数十分程度の周期の水面振動のこと。

■過去の副振動

以下に、過去に日本で起きた副振動の例を示す。
その前後に近場で地震が起きていた時には、それも併記する。
対応する地震がない場合は、無理やりこじつけたくないので「なし」とする。

・1979/03/20 19:25:熊本県天草・芦北地方、M2.8、最大震度2
 1979/03/31:長崎検潮所で副振動
---
・2009/02/24深夜~26:長崎県~鹿児島県奄美地方で副振動
→なし
---
・2016/11/26 07:44:鹿児島湾、M3.4、最大震度1
 2016/11/27 16:00頃:鹿児島県沿岸で副振動
 2016/11/28 23:37~12/24:トカラ列島近海、M2~M4クラス群発
---
・2017/11/29:奄美地方沿岸で副振動
 2017/12/20:九州地方南東沖、M5.2
---
・2018/02/14:長崎湾でイルカ約30頭出現。
 2018/02/19 03:31:豊後水道、M5.0、最大震度4
 2018/02/21 01:00頃~:長崎湾や薩摩半島南端など九州各地で副振動
---
・2018/10/14午前:宮城県多賀城市の砂押川で逆流、副振動
 2018/10/14 09:30:宮城県沖、M4.0、震度2
 2018/10/16 14:25:宮城県沖、M4.2、震度1
 2018/10/20 08:20:宮城県沖、M4.3、震度1
---
・2019/03/20 18:31:熊本県熊本地方、M3.5、最大震度3
 2019/03/21 20:40:長崎県で副振動
---
・2020/01/26 07:45:五島列島近海、M3.9、最大震度1
 2020/01/27昼~:長崎県の沿岸で副振動
 2020/01/27夕方~:佐賀県北部沿岸で顕著な海面昇降。
 2020/01/29 08:39:沖縄本島北西沖、M5.7、震度2
 2020/02/08 02:13:薩摩半島西方沖、M3.4、最大震度1
---
・2020/12/09早朝~:大隅地方沿岸で副振動
 2020/12/11 08:27:鹿児島県薩摩地方、M3.8、最大震度3
 2020/12/25 05:38:種子島近海、M4.4、最大震度2
---
・2021/05/22 09:00~:岩手県の久慈港で海面変動。副振動?
 2021/05/23 18:15:福島県沖、M3.9、最大震度2

こうして見ると、地震との関係ははっきりしないが、関係ありそうだと思うケースもある。
副振動と地震発生の間が長すぎると思うものもあるが、念のため挙げてみた。

ただし、地震と関係があるとしても地震の「前兆」とは限らず、「後兆」(そんな言葉ないけれど)というか、地震の方が先に起きる組み合わせもある。

以上10件ほど挙げてみたが、これは確かに地震前兆だと結論付けるまでには行かないが、全く無関係ではないだろうとも思い始めている。
今後もデータ収集を続けることにしたい。

■秋田県の無感地震

次に、昨日の記事で書いた、秋田市沖のM4.4の地震について。
明菜さんも今朝5/25の「心配だなぁ…」という記事で書いている。


明菜さんによると、このところ秋田県で無感地震が多いという。
過去の無感地震というのは、気象庁のデータベースでも調べられない。
無感地震ということは震度1未満ということで、そういうデータをもっていないからだ。

そこで、米国USGSのデータベースで、仮に規模を「0.9以下」として検索すると、過去120年間ほどで4件の地震があった。
下記のように、すべて規模は0.0だ。


規模が0.0の地震というのは意味がわからないが、USGSの測定で0.1未満の微小な揺れということかもしれない。

■無感地震の後で起きた地震

上記の4回のM0.0の地震の後で、何か対応する地震が起きていただろうか。
そう思って調べてみると、発見があった。

2003/05/24 07:51:秋田県内陸北部、M0.0
2003/05/26:宮城県沖、M7.1、最大震度6弱
---
2003/10/18 16:24:秋田県内陸南部、M0.0
---
2004/04/14 11:11:秋田県内陸南部、M0.0
---
2004/09/25 15:05:秋田市沖、M0.0
2004/10/23 17:56:新潟県中越地震、M6.8、最大震度7、犠牲者68人。

これがたまたまそうなった訳ではないとすると、宮城県沖M7.1の2日前と、新潟県中越地震の1ヵ月前に秋田県沖・内陸で微小地震が起きていたことになる。


たしかに明菜さんが気にするように、秋田県内の微小地震が近隣の大地震に繋がることもあるようだ。

■東京で環天頂アーク出現

今日、東京で「環天頂アーク」が出現した。

それを撮影した人がいるので、許可を得てここに載せておく。


このような「虹色現象」のたぐいは、他にも環水平アーク、彩雲、ハロ(日暈)などがある。

このうち、「環天頂アーク」に絞って、地震前兆だったかもしれないという例を、以下に示す。


詳細を詰めていないので、どの程度の確度があるかなどは、今後の課題としたい。
このようなアークが地震前兆であると確信してはいないが、その可能性があると考えてデータを収集している。

今日はばけたんの点滅が多い。
同時に2個が点滅したこともあり、これは殆ど見たことがない。
明日あたりの地震に注意したい。

■食健三昧ブログ:糖質過剰症候群

『【メディアタブー】日本人は知ってはいけない?糖質過剰があらゆる病気の元~『糖質過剰症候群』清水泰行を読んで』
私はこれで助かった。












ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ