【地震予知】石川県能登半島地震M5.4を「MEGA地震予測」が予測していた+台湾の林さんも「M7クラスまだあり得る」

2022/06/20

スーパームーン 地震予測 地震予知 地震連鎖 満月

t f B! P L

 

 


6/19に石川県能登半島で起きたM5.4、最大震度6強の地震を、村井俊治・東大名誉教授らのJESEAと台湾の林湧森氏が予測していたので紹介する。


■「MEGA地震予測」

地震予測サービス「MEGA地震予測」を提供する地震科学探査機構は、提供する地震予測サービス「MEGA地震予測」の号外(2022/05/23配信)で、6/19に石川県能登半島で起きたM5.4の地震を予測していた。


私は「MEGA地震予測」のメールを購読しているが、6/15に同様の内容が「ピンポイント予測」として配信されていた。


「MEGA地震予測」は有料コンテンツだが、以上のことは下記のプレスリリースで発表していることなので問題ないと判断した。




■台湾M5.9

今朝2022/06/20 10:05に、台湾北東部・花蓮付近の内陸でM5.9(USGS当初発表はM6.0)の地震が起きた。


当初の米国USGSの発表はM6.0で、M6クラスということでブログで紹介しようとしたが、最初からM5クラスならば取り上げなかったかもしれない。

この地震を、台湾の林湧森氏が予知していた…と紹介したかったのだ。


6/10から15日以内だから、6/25までに台湾や日本付近でM7.5の地震を予測している。




私の方では、3/23の台湾・花蓮沖M6.6で「台湾-西日本地震連鎖の法則」→6/22頃まで西日本で大き目の地震に注意を呼びかけたところだった。


更に5/09 15:23にも与那国島近海(台湾・花蓮沖)でM6.6、最大震度3の地震が起きた。

そのため、警戒期間は8/8まで延びた。


Facebook繋がりの林さんに「予測通りになりましたね」と言ったところ、台湾の地震はこれで終わりとは限らず、より大規模な地震が発生する可能性はあるとのこと。


現在は惑星集合状態となっていて、そこを月が通過中で、点的というより線的に要注意期間が続くため、予測が難しい。


下記の図は昨日の石川県能登地方M5.4の地震の発生時のもの。



もっと早くから、注意を呼びかけるべきだった。


林さんは、以前にソフトウエアエンジニアだったと聞いた。

私と同じで、なるほどそれでデータ重視の人なんだと納得した。


■スーパームーン+太陽フレア

現在のように、スーパームーン満月トリガーと太陽フレアが重なると、たとえM1クラスのフレアでも影響が大きいようだ。


6/14の満月以降の1週間で、最大震度3以上の地震は計8回起きていた。



比較対象として、まだ6/14の満月トリガー期間に入っていなかった6/1~6/8の1週間で起きた最大震度3以上の地震を調べると、2回だけだった。


夜になってばけたん点滅が集中し始めたので、関東圏で地震に注意を。



※Amazonギフト券は文字通り贈り物用でもあり、もらった人は何でも買えて、買った人はポイントが貯まる。



 





ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ