【前兆】11/6横浜市でまた異臭報告~地震の前兆?関東大震災の前の古地図に気になる記述があった

2020/11/07

異臭 地震前兆

t f B! P L

 


 


例の異臭騒動だが、昨日11/6にまた横浜市で異臭の報告があった。

古文献では関東大震災の際にも三浦半島でガス噴出があったとされるが、異臭が地震前兆である可能性を今までと別観点から検討したい。


■横浜市でまた異臭

異臭騒動はしばらく日にちが空いたが、10/6に横浜市で異臭の通報が相次いだ。

「普通にガス臭いなという感じ。前もあったけど、こんなに頻繁ではなかった」
ある住民は、こう語る。

「この部屋から玄関に出ただけで、“何か今まで嗅いだことのない臭い”ですね。どういうところが発生源か・・・。得体が知れないので怖いですね」
別の住民は、こう語る。

神奈川県は、「ただちに健康に影響を及ぼすレベルではない」としているが、そういうことよりも、その正体がわからないということの恐怖が地域住民としては大きいだろう。

■関東大震災の文献に謎の記述

次に、テレビ朝日のニュースより。
11/3の、「地震の前兆?異臭騒ぎ謎追跡 古地図に気になる記述」と題したもの。



都立中央図書館所蔵の『大正震災書志』という文献に記されたもの。

城ヶ島の沖に「一時瓦斯噴出ス」とある。
当時、海軍の水路部が大地震の後に相模灘の水深変化を調査した記録だ。

ガスの噴出があったのは、2か所。
・横須賀市の浦賀沖
・三浦半島の南端・城ヶ島沖

当該の文献『大正震災書志』の記述は、以前から把握していた。

よく考えたら、この事例は私のnoteマガジン『【週刊】大地震・災害前兆ウォッチ』の10/19の記事で紹介した大地震の前兆としての異臭の一つではないか。



もしかして、テレ朝のスタッフが私の有料noteマガジンを読んだ?
そんなことは無いだろうが、よく調べたものだ。

■海中のガス噴出を目撃?

水産海洋学者の石戸谷博範氏は、恐らくガスというか匂いがして、それが噴出しているのが発見されたのではないかと語る。
大型船での調査なので、磯の近くに寄っての調査は無理なので、恐らく海に潜る漁師がガス噴出を発見したのではないかという。

そして、テレ朝ニュースは、「異臭騒ぎは地震の前兆と関係があるのか?」と提示する。

だが、地震学者の武村雅之氏は、「地震との関係は少し距離を置いて考えていただきたい」と語る。
地震の前兆現象は、今のところ科学的にきちんと解明されたものはないためだという。

別の理由から、少し距離を置くことは重要だろうと思う。
現時点では、様々な説があり、どれが有望であるかを判断することは難しいという理由で。

■関東大震災のガスと異臭のエリアが一致

自分も地震前兆は低い可能性と考えていて、あまり断定的な物言いは避けている。
だが、下記のマップを見ると、その可能性を完全に退ける気持も薄れてくる。


三浦半島の東端と南端に付記した2つの青丸が、大正関東地震の際にガス噴出があったところだ。
これを見ると、当初に異臭騒ぎが始まった頃のエリアと一致するではないか。

もっとも、次の首都直下地震の震源が関東地震の時と同一の神奈川県西部になるとは限らない。
やはり、たまたまの一致なのかもしれない。

昨年の千葉市あたりを含めて、異臭が東京湾を囲むように起きていることも、注目すべきことだ。
やはり異臭の発生源は海にあるのではないかと思えてくる。

このニュース映像を以下に埋め込んでおく。



※サルちゃんのお下がりのiPhone8のバッテリーが断末魔で、近所の携帯ショップでバッテリー交換してもらった。
Amazonでバッテリーを買ったが、取説もなく以前にやった手順をすっかり忘れたので店に泣きついたら、3200円でやってくれた。
バッテリー代込みでも5000円ぐらいと安いので、買うんじゃなかった。
もっともiPhoneXだと倍ぐらいする。








ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ