【前兆】明菜さん:大きな魚の出現は日本海中部地震と同じ+大き目Cフレア注意+神奈川の異臭騒動で新たな物質

2020/11/05

異臭 地震前兆

t f B! P L

 



秋田県の明菜さんが昨日のブログで「日本海中部地震と同じ?」と題した記事を書いていて、漁師さんたちからの貴重な情報もあるので大地震の前兆の可能性を検討してみる。

また太陽で大き目のCフレアが出たので要注意なのと、神奈川の異臭騒動で新たな物質が検出されたことを紹介する。


■明菜さん:魚拓

明菜さんは、11/3の記事「日本海中部地震と同じ?」で、以下のように書いている。



一昨日ある漁師さんのお宅を伺ったら、過去に大物が釣れた時に記念に取った魚拓を見せてもらった。
1983年5月26日の日本海中部地震(M7.7)の前年6・8・9月に釣れたクロダイ、ヒラメ、スズキの魚拓もあった。

地震から1年弱ほど前の時点だが、これが地震前兆だったかどうかは、それだけ長い前から海底または水中で異常な電流の発生などがあったかどうかだ。
ちょっと疑問が出る長さだ・

ただ、こういうことを調べることは、意味あることだろう。

例の座布団ヒラメという大きな個体も、果たして大きな地震の前兆かどうかが気になるところだ。

■漁師さんの知識と経験は貴重

いうまでもなく、魚類の前兆は一般的に漁業を営む人々がいちばん情報を多く持っている。
ただ、漁師さんたちというのは、私のような報告や研究を中々やってくれない(当たりまえ?)。
その点が非常に残念ではある。

実は、今週11/3発行のマリアさんとのコラボのnoteマガジンで、「ひずみ集中帯」のことを書いているが、日本海側の歪集中帯でこの数十年の間に起きた大地震・被害地震をマップに追記している。

そのマップには、日本海中部地震もある。
この記事は、マガジンを購読していない人でも記事単体で購入することもできる。

■「Cフレア デカ目出た」

次に、太陽フレアなどで地震予測を行う西マサヤさんの今日11/5のブログ記事で「Cフレアデカ目出た!!」とあり、大き目のCフレアが発生したと注意喚起している。


西さんは海外サイトのデータを利用しているようだが、私の方は自サイトの「リアルタイム地震前兆データ」にある「GOES衛星による太陽X線リアルタイム観測値」を常に表示するようにしている。

これを見ると、確かに11/5に日付変更直後にMフレアに届きそうなCフレアが発生している。
西さんが言っているのは、これのことだろう。

■神奈川異臭、新たな化学物質発見

次に、神奈川県の異臭騒動のその後。
11/4に神奈川県は、10/6に採取した4つの空気サンプルを分析した結果、これまでのイソペンタンなどのほか、高濃度のベンゼンも検出された。
このベンゼンの濃度は、通常の4倍ほどだった。

ベンゼンは芳香族炭化水素であり、原油に含まれている。
名称がベンジンに似ているが、全く別の物質だ。

この物質がニュースになったのは、築地市場の移転先となった豊洲新市場の土壌汚染問題のとき。
ここで、地下から環境基準の170倍のベンゼンが検出され、有害物質いによる地下の汚染が深刻だとされた。

神奈川県で空気から採取されたベンゼンは通常の4倍と濃度が低いものの、気化した原油成分が含まれる原因が問題となる。

異臭については、南関東ガス田と被るために天然ガス説が出ていたが、ベンゼンの登場で今後どうなるかに注目したい。

※うちでは幼児にも専用のビタミンDを与えている。
それだけ感染症対策に必須なもの。


うちの子どもなど家族の写真は、プライヴェイトのInstagram:@noya_momoseの方で投稿しています。基本フォロー返します。



ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ