【阪神大震災から26年】もっとも注意すべき地震前兆現象トップ7!! WiFiや地デジの異常・頭痛~阪神淡路大震災の前にはあったか?

2021/01/17

阪神淡路大震災 地震前兆 地震予測

t f B! P L

 


 


今日TOCANAに掲載された私が執筆した記事は、阪神淡路大震災から今日で26年ということで、サバイバルのために最も有用な地震前兆現象7選を紹介した。


■もっとも注意すべき地震前兆現象トップ7

今日1/17にTOCANAで掲載された記事は、『【阪神大震災から26年】もっとも注意すべき地震前兆現象トップ7!! WiFiや地デジの異常・頭痛~阪神淡路大震災の前にはあったか?』と題したもの。

私の数十年間の地震前兆研究の集大成ということで、この意味ある日を選んで掲載してもらうことにした。

■なぜ1.17の日に?

なぜこのような前兆現象を1.17の日に掲載するのか?
それは、26年前にこのような情報が知られていれば、犠牲者・行方不明者6,437人のうちで助かる人も少なくなかったのではないかという強い想いがあるからだ。

もっとも、当時には存在しなかったもの(ラドン測定器、ばけたん)もあり、またインターネットも創成期で普及していなかった等で、仕方ない部分もある。

この記事では、今回紹介した7種類の前兆現象が、それぞれ阪神淡路大震災の前にあったかどうかを見てみることにする。
阪神淡路大震災の前兆証言を集めた『前兆証言1519!』を参照して、その当時にそのような事例があったかを判断する。

下記のTOCANAの記事を読んでみてください。



■『前兆証言1519!』

TOCANAでは殊更に書かなかったが、阪神淡路大震災の前兆現象ということでは、これ以外にないという貴重な参照史料がある。
それは、『前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分』という大型本だ。


以前は大型本ということで嫌がられたのか、古書が非常に安く出回っていたが、私がその重要性を解説したことも影響したのか(?)、今はAmazonで古書が最安値で4千円ほどに上がってしまった。
もっとも、私のような研究者ならば真っ先に買うだろう。

以下の7つの前兆現象は、この本を参照しつつ、阪神淡路大震災の前兆現象として報告されていたかどうかも手短に書く。

■1: 頭痛体感

『前兆証言1519!』では、ごく一部、体感していた人がいた。
1995年にはもちろんインターネットも普及していなかった。
「頭痛体感」という呼び方も無かった頃だ。
地震の前に頭痛があるということを意識していた人は、ほとんどいなかったのではないか。

■2: 耳鳴り体感

『前兆証言1519!』では、ごく一部、体感していた人がいた。
頭痛と同様に、耳鳴り体感も、もしいたとしてもごく少数だっただろう。

■3: 大気ラドン濃度

1973年に日本で地下水中ラドン濃度測定装置が開発され、濃度変化が観測されていた。
『前兆証言1519!』では、大学関係者による観測事例がある。
大震災当時は、まだ一般向け測定器は、少なくとも国内では存在しなかったと思われる。

■4: ハムスター運動量

この頃はまだ私のように運動量を測定する人はいなかっただろう。
やりたくても、私が持っているような回し車のカウンター付きケージなどは無かっただろう。
だが、『前兆証言1519!』では直前に奇声を発したり暴れた例が数件見られる。

■5: 磁石落下装置

『前兆証言1519!』では、磁石落下装置の使用例もなければ、磁石関連のの異常も含めて見当たらない。

■6: ばけたん

ばけたんは、もちろん製品発売前だった。
開発元には悪いけれど、「おばけ探知機」として効果があるとは思えず、そういうことを試そうと思ったこともない。

ばけたんが地震前兆に反応するとすれば、それは前兆現象として地中で発生するパルス電磁波に反応して誤動作するためではないか。

■7: Wi-Fi・携帯電波・テレビの異常

当時はWi-Fiや携帯は無いか普及前で、テレビは一部の家庭で映像乱れなどの異常があったようで、『前兆証言1519!』にその例が数件見られる。

現在では、「Yahoo!JAPANリアルタイム検索」は、私は様々な用途で頻繁に利用している。
たとえば「Wi-Fi 遅い」などで検索すれば、普段よりも多いか少ないかが、ある程度わかる。

検索結果の画面で「○○○○のツイート数グラフ」で過去30日などのグラフを閲覧できる。

■新しいばけたん

仲間入りした「ばけたん霊石 改」は、買って正解だったかも。
昨日からこれまでの2台に加えて仲間入りしたが、他のばけたんに比べるとまだ少ないが、点滅することもある。


今日のばけたん3台の点滅状況。
22:30時点で計11回点滅があった。

2021/01/17 記録は10時以降
・霊石:13時台:青1回、16時台:赤1回、17時台:青1回、19時台:赤1回、21時台:赤1回、22時台:赤1回
・PRO:10時台:青1回、16時台:赤1回、18時台:青1回
・霊石改:18時台:赤1回、23時台:赤1回

また昨日も3台で9回点滅していた。

2021/01/16 記録は16時以降
霊石:16時台:赤2回、17時台:赤1回、18時台:赤1回、22時台:赤1回、23時台:赤1回
PRO:19時台:青1回、21時台:赤1回
霊石改:21時台:青1回

それでも、現時点で対応しそうな地震が起きていない。
考えられる可能性としては、これか。

2021/01/17 10:11:福島県沖、M4.5、無感


有感地震にならない無感地震だった。
震源までは小平市から270kmほどで、M4.5の規模ならばあり得るかもしれない。


※サーモスの600mlで、煎茶を入れて半日はもつ。
冬でも4~5時間くらいは温かい。



ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ