【地震予測】環太平洋の地震の動向~ギリシャ・アイスランド・北海道など大陸のユーラシアプレート周辺が要注意か

2021/04/08

【週刊】大地震・災害前兆ウォッチ 地震予測

t f B! P L

 



最近の環太平洋を中心とした地震の動向を見てみたところ、やはり大陸のユーラシアプレートの周辺に注意が必要ではないかと思えてきた。


■環太平洋の地震の動向

まず、世界でどのくらい地震が起きているかを見るために毎日参照している、USGS(アメリカ地質調査所)のリアルタイム地震マップを見てみる。


ここで、設定で過去30日間のM2.5以上の地震を表示させて、地震の分布を以下に示す。
ちょっと画像が横に長いが、画像をクリックすればPCでは拡大表示されるので。


ここで、昨日の記事で書いたギリシャと北海道東部の他に、4/3の記事で書いたアイスランドで800年ぶりの火山噴火も気になるところだ。


ここで書いたように、アイスランドの火山噴火と日本の火山噴火・大地震が同時期に起きることが多いようだ。
アイスランドとギリシャはユーラシアプレートの西部にあり、北海道は東部に隣接したオホーツクプレートにある。

■過去1ヵ月の大地震

そのような見当をつけて、USGSのページでで過去1か月間に起きた「Significant Worldwide」つまり顕著な地震という設定にすると、以下のようになる。


日本の大きな丸印は3/20の宮城県沖M6.9の地震だ。
こうして見ると、やはりユーラシアプレート上とその周辺で大きく揺れているようだ。

ギリシャと釧路市で引き潮が続いている件は、同一の原因ではないかもしれないが、何かしらの地殻変動の影響なのだろうか。


今日はブログ執筆に1時間ぐらいしか使えなかったが、このあたりのことを更に調べてみることにしたい。





PCは別にDELLに固執しているわけではないが、気が付くとPCは殆どがDELLで他はASUS。






ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ