【地震予測】黒潮大蛇行の最新予測~南海トラフ巨大地震は今年いっぱいは大丈夫そう?

2021/11/22

海洋現象 黒潮 南海トラフ

t f B! P L

 

 


今日は、黒潮の最新の長期予測から、南海トラフ巨大地震が発生するおよその時期を推定してみる。

■黒潮大蛇行の長期予測

まず、冒頭のアイキャッチ画像についての補足から。

「巨大地震はいつ頃起きるか?」というよりも…

「いつ頃まで起きないか?」が正しい内容となる。


最初に、11/19発表のJAMSTECによる黒潮の長期予測について。

YouTubeで発表された、2021//12/07までの長期予測。


FBページの解説では、「長期予測で大蛇行から渦がちぎれるという予測になっていますが、大蛇行が大きく変わる規模ではありません。年が変わっても大蛇行が続くでしょう。」とある。


つまり、南海トラフ巨大地震が年内に発生する可能性は非常に低いという。

そうなると、自説では今年いっぱいは南海トラフ巨大地震は起きない可能性が高くなる。


■来年以降の南海トラフ発生時期

以下の予測は、あくまでも統計的解析に基づくものであって、絶対的なものではない。

過去の南海トラフ巨大地震の発生時期を回折したところ、過去すべての巨大地震は、7月~2月に起きていた。


JAMSTECの長期予測では少なくとも来年1月上旬までは黒潮大蛇行が続くとなると、自説では、その間は南海トラフ巨大地震が発生する可能性は非常に低いことになる。


そうなると、次の可能性が始まるのは来年2022年7月以降となる。

なぜ3月から6月までは南海トラフ巨大地震が起きないのか?

その理由は、はっきりわかっていない。


いずれにしても、あと7ヵ月位は南海トラフは大丈夫そうということになる。

津波などの被害が予想されている地域は、巨大地震の恐れがなく正月を迎えることができそうだ。


ただし、7月~2月に起きていたのは、たまたまそういう偏りが起きていただけで、今後は3月から6月の間にも起きるかもしれないという可能性は、考えておくべきだろう。


■月相との同期

南海トラフ巨大地震は、他の大地震と同様に、満月・新月の数日前後に起きていた。

以下に、日付がわかっている南海トラフ巨大地震の発生時期と月齢を示す。


ただし、南海トラフ巨大地震であることが一つの説である場合もある。


【-1】【南海】1605/02/03:慶長地震(南海トラフ津波地震説)、M7.9〜8

【満】1605/02/04 07:17:

---

【日】1707/10/25 23:30:部分日食。

【+3】【南海】1707/10/28 :宝永地震(南海トラフ全域)、M8.4〜8.6、死者4,900~2万人以上。

【+4】1707/10/29:宝永富士宮地震、M7.0、死者4人。

---

【新】1854/12/20 06:46

【冬至】1854/12/22 12:17

【+3】【南海】1854/12/23:安政東海地震、M8.4

【+4】【南海】1854/12/24:安政南海地震、M8.4

---

【満】1944/11/30 09:51JST

【+7】【南海】1944/12/07 13:35JST:昭和東南海地震、M7.9、死者・行方不明者1,223人、津波。

---

【月】【S】1946/12/09 02:53JST:満月・皆既月食

【-2】【南海】1946/12/21 04:19JST:昭和南海地震、M8.0、津波。

【-2】1946/12/21 19:18:千島列島、M6.9

【冬至】1946/12/22 19:53

【新】1946/12/23:


このように、少ないデータだが、満月・新月の4日以内くらいに起きたケースが多い。

一つだけ、昭和東南海地震は満月の7日後と、少し時間が空いていた。

また、1707年の宝永地震は部分日食の3日後に起きていて、その翌日には富士山の宝永大噴火も起きていた。

南海トラフや富士山噴火といった稀にしか起きないイベントが、これまた稀にしか起きない日食の直後に起きていたのは、果たして「偶然」なのだろうか??


これはまだはっきりとは断定できないが、過去に世界で起きていた巨大地震の多くは、日食・月食の前後数日間に起きていた。

そのため、今回11/19の部分月食も、警戒を呼び掛けているのだ。

もっとも、それはあくまでも「トリガーとなり得る可能性」であって、特に大きな地震が起きずに終わることもある。


このブログの固定ページとして、『【概要】南海トラフ巨大地震発生時期の前兆・傾向・予測~黒潮大蛇行の状況から予測する』があり、ここで常に概要的な予測を書いている。



■今日の前兆現象

まず、昨日は今にも関東で揺れそうだと書いて、いまだに有感地震は起きていない。

一つとしては、Hi-netで東京あたりを見ると、今日11/22 2:42にM2.3などの無感地震が多く起きていて、これらの前兆だったのかもしれない。


ラドン濃度のデータは、降雨時には参考にならない。

私の体感は、以下のような閉塞を伴う耳鳴りがあった。


2021/11/22 17:00頃、一瞬右耳が閉塞→ピー音の弱い耳鳴りが数秒間


また頭痛体感では、11/19午後から軽い頭痛でコーヒー2杯で収まった。

このため、11/22~23に関東圏で地震を予測している。


【追記:11/22 21:25】その後、左耳が閉塞5秒間→ピー音の耳鳴りが数十秒間続いた。
やはり明日の関東圏の地震の前兆だろう。


■食健三昧(note)

今日はnoteの『食健三昧マガジン』で、食健三昧ブログの過去記事も含めて紹介するノートをいくつか投稿した。

ほとんどは無料版となっている。




※Amazonでマンデリンのコーヒー豆を買ったが、粉でなく豆を買ってしまい、電動コーヒーミルも買った。





さっそくコーヒーミルで挽いてみたところを動画で投稿した。






ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ