【note】人や物のネーミングにこだわるわけ~子供の命名「胎児ダウジング」の方法

2022/05/25

IFTTT note スピリチュアル 百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー

t f B! P L

 



【最新note記事】有料note『夢求三昧マガジン』

■ネーミングにこだわる

私は以前から、「名前」には強いこだわりがあった。
人間や物などのネーミングだ。


たとえば、ブログ読者から何らかの情報をいただいて、そのメールを紹介するとき。

勝手に名前出しはまずいだろうから、「仮名」を付けて紹介する。

その際に、自分で誰にどういう仮名をつけたか忘れると困る。


そこで、ある仮名ネーミングの規則性を設けた。

たとえば、秋田県の人ならば、都道府県名のあたまの「あ」を取って、「明菜」とするとか。

別の秋田県の人が出てきたときは、別に「あ」で始まる仮名を考える。


仮名を決める際に、ただ「あ」で始まれば何でも良いというものでもない。

たとえ仮名でも、名前付けにこだわるのは、やはりそこにも「ことたま」(言霊)があるからだ。


それで、赤ちゃんの命名サイトを参照したりして、良い名前を絞り込んで最終的に決定する。


このようなプロセスを経て決めた仮名は、本人にとても気に入ってもらえることが多い。

それで、たとえば明菜さんのように、その後にブログを開設するときにも、ずっとその名前で通したりする人もいる。


noteで続きをみる

from 百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー https://note.com/momosen/n/n35d05c0c9abf





ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ