【地震前兆】「地震予知する木」ネムノキを買った~オジギソウのように地震予知検証を開始

2022/06/23

植物前兆 地震前兆 地震予知

t f B! P L

 

 


今日は都内最大級の園芸店「オザキフラワーパーク」へ行き、地震予知する木として知られる「ネムノキ」を買ってきた。

これでオジギソウとともに、植物の地震前兆現象の検証の対象は十分に揃い、夏から秋にかけて何らかの成果を出したいものだ。


■ネムノキを買った

今日は、電車に乗って、西武新宿線で4駅の武蔵関へ行ってきた。

目的は、『オザキフラワーパーク』という「都内最大級」の園芸店。


初めて行ったが、たしかに園芸品種が多くて驚いた。

屋外の他に、2階建ての屋内まで多くの植物が置かれている。




西武新宿線で、花小金井駅から各駅停車で4つ目。

私よりも花々が好きなサルちゃんも喜ぶだろうと、遥梛と3人で行ってみた。


サルちゃんは、10分以上歩くので文句タラタラだったが、店に着いたら植物の多さを見て、大喜びだった。

このリアクションは、想定内だった。




「都内最大級」の謳い文句は本当なのかと、Webで調べてみると、たしかにそうであるようだ。

10万品種の植物を販売し、「園芸ファンなら知らない人はいない」と言われるまでになった。



■白い花のネムノキ

今日訪れた目的は、地震前兆がありそうなエバーフレッシュをもう1鉢買いたかったため。

これまでの経験では、朝明るくなってもしばらく葉が閉じていることがあり、それが地震前兆現象としての異状の可能性がある。


オジギソウは十分な量の苗を買ったので、もう要らない。

だが、考えてみるとネムノキはまだ持っていないので、それを探すことにした。


店員に聞くと、あっさりとあると言われた。

だが、見せられたのは、白い花のバージョン。




1m以上とかなり背が高く、持って帰るのが大変だが、最適な選択肢と判断して、2500円位で買うことにした。




■シロバナネムノキ

上記のInstagram投稿でも書いているが、「シロバナネムノキ」(白花合歓木)という名前だが、実はネムノキとは属が異なる。

カリアンドラ属で、ネムノキのように地震前兆現象があるのかどうか不明だ。


オジギソウのように、葉に触れると閉じるということはない。

これは、今あるエバーフレッシュと同様だ。

だが、日没後には葉が閉じる。


そして、問題は白く垂れている白い花。

昼間は元気なく垂れていて、サンタさんの髭のよう。


だが、これが夕方に暗くなると、緑色の蕾(つぼみ)が開花する。




なんだかコロナウイルスを連想させる。

しばらくすると、こうなって完全に開花する。




何でこんな変な生態なのか、調べたくなってくる。

夜間に開花するメリットは?

だが今夜は余裕がないので、後日に。



今後の観察によって、たとえば夜間に開花しないとか、昼間に開花するといった現象が起きて、それが地震前兆であれば面白いが、どうなるか。



■オジギソウ

オジギソウの方は、今年はまだ6月上旬に小さい苗を購入したばかりで、まだ種まき後1ヶ月半程度で、地震前兆を示すに至っていない。


昨年は種から育てて、一度に開花した直後に千葉県北西部地震が起きたりした。


こちらは「実績」があるが、今回は2種類の苗を買って、もう少し成長してから、より細かい観察をすることにしたい。



※Amazonでシロバナネムノキは見つからないが、私が買って気に入っているオジギソウはまだある。







ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ