【note】【2021/01/06】 ラニーニャ現象発生中は国内の大地震・火山噴火が増える~多数のデータも示す

2021/01/06

note 地震予測

t f B! P L

 



【最新note記事】

■はじめに

これは今年はじめてのnoteマガジンになります。
新年おめでとうございます。
今年もnoteでも、よろしくお願いします。


気象庁は昨年9月10日に、「ラニーニャ現象が発生したとみられる」と発表した。


ラニーニャ現象とは、太平洋赤道域東部(ペルー沖)の海面水温が基準値よりも低くなる現象のこと。

エルニーニョ現象はその逆で、同じ海域で計面水温が高くなる。


ラニーニャの発生期間中は、世界的に異常気象を引き起こす傾向がある。

米国では、大型ハリケーンが多く発生することや、カリフォルニア州など南西部では気温が高く乾燥した天気となり、大規模な山火事が長期化することを警戒している。


また、私の研究では、ラニーニャ発生中は日本で大規模な地震が増える傾向があることも紹介する。


noteで続きをみる

from 【週刊】大地震・災害前兆ウォッチ~南海トラフ・首都直下地震等 https://note.com/momosen/n/n29ecd0b165d7





ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ