【地震前兆】最近の海の生き物の出現を振り返る~「大地震の前兆」だったケースはあるか?

2021/07/12

地震前兆 動物前兆

t f B! P L

 

 


今日は、ここ1~2ヵ月くらいの間に世界で出現した海の生き物が地震前兆だったケースがあったかどうかを振り返ってみる。

■チリのトド500頭

まず、2021/06/13にチリ中部のビオビオ州コンセプシオン付近の海岸にトド300頭が現れた件。

非常にインパクトが強いケースだが、その後に対応する地震は起きただろうか。


17日後の2021/06/05 03:05(UTC)に、チリ中部沖でM6.0の地震が起きた。

トド出現地点から震源までの距離は960kmほどで、かなり遠いのが疑問が残るところだ。


とにかくトドの地震前兆事例が非常に稀なので、なかなか判断が難しい。


■沖縄のマグロ

次に、2021/07/04に沖縄県・沖縄本島の本部町浜元の海岸の浅瀬に、マグロが横たわっていた件。

もっと沖合ならばともかく、海岸に現れるのはレアケースだという。


その翌日、2021/07/05 23:55に、奄美大島北西沖でM4.8、最大震度1の地震があり、またその前後にもマグロ発見当日7/4夜から7/7にかけて、奄美大島北西沖でM5クラスの地震が計8回起きた。


M4クラスが1回だけ起きるよりも、これだけ多いと実際より少し大きめの規模の地震の前兆と同じケースと考えた方が良いかもしれない。

震源までの距離は約245kmほどだった。


■最近の魚類の出現例

以上に挙げたケースを含めて、最近2ヵ月弱前以降の海の生き物の出現例を表にまとめる。

いちおう調べてみたが、まだ対応する地震は起きていないと思われる。

このうち、特に東京湾のシャチ出現は、稀な例なだけに7月中あたり注視したい。


もっとも、珍しい海の生き物が現れたからといって、「大地震の前触れ」という先入観を持つことがそもそも誤りの始まりかもしれない。

前述のシャチも、起きてみたらM4クラスだったということも、距離と遅延など総合的に判断すればあり得ることだろう。

■今日の前兆現象

イオノグラムだけ。

下記のように、国分寺がいちばん派手に出ている。

稚内も山川(鹿児島県)も、同じ地震ならば太平洋沖あたりか。

右下の沖縄は、不具合があるのか、最新データではない。



※アシックスの大谷翔平選手デザインのスパイクが出ている。
ユニフォーム等だと公式かどうかから始まるが、こちらはアシックスで大丈夫そうか?











ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ