【note】【前兆】国内で有感地震が少ない~大地震の前に有感地震が停止する「静穏期」はあるか?

2021/09/11

【週刊】大地震・災害前兆ウォッチ note 地震前兆

t f B! P L

 


【最新note記事】『【週刊】大地震・災害前兆ウォッチ~南海トラフ・首都直下地震等』マガジン

■はじめに

このところ、国内で有感地震の数が少なく、特に関東圏ではその傾向があるようだ。

世界、特に環太平洋に目を向けると、8/13のサウスサンドウィッチ諸島M8.1の地震以来、環太平洋でM7クラス以上の地震が目立つ。


過去の例を見ると、このあたりで大規模な地震があると、その後に環太平洋を震源が北上して、南米→北米→アリューシャン列島→オホーツク→東日本と大地震が連鎖することが多かった。


そのあたりのことは、このマガジンの下記の8/19号で詳しく解説した。


その後に日本、特に東日本のオホーツクプレート上で大きな地震が起きることを懸念していたが、いまだに起きていない。

いや、正確に言うと、全く起きていないわけではなかった。

そのことは後述する。


では、今は日本では大きな地震が起きる前の「静穏期」なのだろうか?

そこで、日本で歴史に残るような大地震が起きる1週間前から、日本でどれだけ有感地震が起きていたかを調べてみた。


有料noteで続きをみる

from 【週刊】大地震・災害前兆ウォッチ~南海トラフ・首都直下地震等 https://note.com/momosen/n/n3e6a7eb3671b




ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ